企業・法人様用
集団PCR検査

いま、組織が必要とする検査

現在、組織内で新型コロナウイルス感染者が発見された場合でも、保健所が公費の適用を認定する「濃厚接触者」の基準が厳しく、検査のニーズは到底充足しているとは言えません。またビジネス上で不可避な面会において、社員様が感染していない証明の提示が必要な機会が増しており、組織の信頼を示す重要な要素となっています。

社会活動の継続をめざして

当院では1100人以上の即時検査体制を有しており、数多くの上場企業様と契約を締結の上での集団検査を実施し、感染拡大の防止や、出張前の陰性証明書の発行など、様々な目的にてご利用いただいております。企業・法人様の集団検査のご依頼は随時承っており、即日のご依頼にも対応させていただきます。

様々な検査方法のご提案が可能

検査方法として、当院までお越しいただく「来院検査」に加え、検査キットを用いて検体をご返送いただく、「自宅検査」もお選びいただけます。検査方法と時間帯によっては、同日中の結果報告も可能です。定期的・計画的な検査の実施のご相談も承ります。検査費用に関しては、人数検査場所書類の発行様式などの諸条件に応じて、別途お見積りが必要となりますため、お急ぎの場合には、お電話にて直接お問合せ下さい。

医療機関が行う信頼性の高い検査

当院のPCR検査は、医師の診察を伴う医療行為として実施しており、民間の検査センターなどが行っている、結果の伝達のみを行う格安サービスとは本質的に異なります。そのため、検査結果が陰性の場合には、医師の署名・捺印入りの陰性証明書即日発行が可能で、これは海外渡航も含め、様々な社会活動の際に求められる、正式な診断書として通用します。

大手検査機関への検体解析委託

検体解析は規模や信頼性の面で、日本国内において三大臨床検査センターに挙げられる、(株)ビー・エム・エル、または(株)LSIメディエンスにすべて委託しており、徹底した検査精度の追求を行っております。ビジネスにおいて必要な検査では、検査精度が何よりも重要なのは言うまでもありません。

変異株ウイルスへの対応

当院が検体解析を委託している臨床検査センターでは、N501Y変異アルファ株ベータ株ガンマ株や、L452R変異デルタ株)など、現時点にて確認されている多くの種類の変異株ウイルスの検出が可能です。ウイルスが検出され陽性と判定された検体は、臨床検査センターから衛生研究所へと運ばれたのち、再度変異株PCR検査が行われ、種類が特定されます。その結果は保健所や医療機関と共有され、当該患者様の治療予後の予測において、きわめて重要な情報となります。
現時点で検出可能な変異株に関する資料

当院の集団PCR検査のメリット

当院では、数多くの企業・法人様の集団PCR検査を行ってきた実績があり、検査結果の信頼性精度はもちろんのこと、感染対策に十分に留意しつつも、効率のよい検査のオペレーションや、迅速かつニーズに応じた、様々な方法の結果伝達に関しても、きっとご満足いただけるものと自負しております。ビジネスに関わる検査においては、是非、当院のPCR検査をご検討ください。検査の内容の詳細は、こちらをご覧ください。

企業・法人様の集団PCR検査に関して
お急ぎのご用命・ご相談の際には
下記の電話番号に直接お問合せください。

03-5812-5301

診療科

内科・皮膚科・アレルギー科

診療時間

月~金:10:00-13:30 17:00-20:30
土曜日:10:00-14:30
診療終了時間の30分前に受付終了

休診日

日曜・祝日

住所

〒101-0021
東京都千代田区外神田6-14-2
サカイ末広ビル7F

電話番号

03-5812-5301

CONTACT

お問合せ

    診療予約はこちらでは承っておりません。
    ご予約フォームをご利用ください。