Welcome to Our Clinic!

院長ごあいさつ

Doctor1

当院は、平成25年12月9日に秋葉原電気街中央通り、
末広町交差点にて開院させていただきました。
この地で働かれている皆様と、地域にお住いの皆様すべてにとっての
身近な医療の窓口として、受診していただきやすい環境づくりを第一に考え、
あなたの、「一番身近な、かかりつけ医」を目指して、日々努力しております。

私は長年、民間病院にて内科医、精神科医として、
5万人を超える患者様の診療に携わってまいりましたが、
医療技術の発展にともない、さまざまな診療上の選択肢が増えることによって、
私たち医者にとっては、病気の発見と治療は以前より容易になっている一方で、
患者様にとって医療というものが、より難しいものとなっている気がしてなりません。
あらゆる医療も、主役は患者様であり、どんなに技術が発展したとしても、
実際に患者様に受け入れられるものでなくては、何の意味も持ちません。
私たち医療従事者は、早期に病気を発見し、最善の治療を受けていただくチャンスを、
もっともっと社会に対して積極的に提供していく必要があります。
つまりそれは、患者様に受診していただきやすい環境をつくることに他なりません。

現在、日本は世界有数の医療大国として知られ、
さまざまな高度先進医療により、一昔前では決して治らなかった病気でさえ、
現在では完治が期待できるほどに医療技術は発展を遂げてきました。
そして、その技術は、医学のみによるものではなく、薬学や工学をはじめとした
すべての分野における人々の不眠不休の「働き」により成し得たものです。
しかし、私も含めた「働く」人たちにとって、現在の医療体制は、充実しているのでしょうか?
日常のわずかな病気の兆候を見逃さず、発見さえ早期であれば、
さまざまな完治に向けた先進医療の選択肢があるにもかかわらず、
私たちは、不眠不休であるばかりに、医療機関にかかる時間さえもままなりません。

私は、患者様に受診していただきやすい環境を提案するに当たり、
「常に患者様目線でありたい」という考えから、
実際に働いている方や、地域にお住まいの方の生の声を徹底的にリサーチしました。
その結果、医療においても、重要な要素となるのは、「時間」「場所」そして、「人」でした。
これは、一般のサービス業において、クライアントがサプライヤーに要求する要件
そのものであり、私にとってこのリサーチはとても興味深いものとなりました。

しかし、私は、「医療はサービス業である」という意見には賛成しません。
なぜなら、サービスというのは、基本的に対価が発生する概念のものですし、
法律上、我々はサービス料というものを患者様から頂戴する立場にありません。
ましてや、現在の日本の医療体制における患者様に対する「サービス」は、
サービス業の方のクライアントに対する姿勢の足元にも及んでいません。

私が当院を開院するにあたり、スタッフともども、最も大切にしている理念は、
患者様に対する「おもてなし」の精神です。
そして、それは対価が発生する「サービス」という概念とはまったく異なり、
「常に患者様目線でありたいと願う、私たちの誠意のあらわれ」と考えております。

地域で働く方の就業時間や、主婦の方の生活ペースにあわせた変則的な診療時間や、
なるべくお待たせしないための、問診・検査・誘導・会計などの診療システムの効率化は
「時間」の面での私たちのおもてなしです。

通勤途中に受診でき、地域のすべての方が利用しやすい良好な立地の選定や、
常に気持ちよく受診していただくための、診療所の設計や清潔環境の保持は、
「場所」の面での私たちのおもてなしです。

ただし、「時間」や「場所」という概念は、時代の流れに対して相対的なものですし、
患者様のニーズに合わせて当院の姿勢も変化していくべきものだと私は考えます。
しかし、当院には、どんなに情勢が変わろうとも決して変わることのない理念があります。
医療という存在が、人のためのものであり続けるために最も重要ななこと。
それが、「人のおもてなし」です。

病気の早期発見と治療という、医療の本質的な目的を達するために、
私は、地域で働き、地域にお住まいの皆様にとって、
「一番身近な、かかりつけ医」として、お役に立ちたいと思っております。
時に医者として、時にパートナーとして、時に相談相手として、
私は患者様の診療に対し、誠心誠意、持てる力のすべてを尽くし取り組みます。
そしてすべてのスタッフは、医療人としての自覚と誇りを持って行動し、
患者様に対して常に真摯な気持ちで向き合い、誠実でありたいと願っています。

それが私の考える、医療においての「人のおもてなし」です。

「人が人を治す場所」

私たちは雪月花メディカルクリニックです。

Doctor Profiles

院長プロフィール

雪月花メディカルクリニック 秋葉原診療所 院長 大道雅文

大道 雅文

内科医・形成外科/皮膚科医・精神科医(精神保健指定医)

東京工業大学中退を経て、東京医科大学を卒業し、
医師免許取得の後、東京医科大学病院に入職した。
当初、形成外科・皮膚科にて、形成外科手術および
創傷・全身熱傷管理、救命救急医療に携わる。
ERでの経験を生かして内科に転向し、逗子市の病院にて
高齢者医療・終末期医療における病棟診療に従事した後、
熱海市の病院に院長として赴任し、外来・在宅診療を行う。
以後、四街道市、鎌ヶ谷市、古河市、鹿島市などの
多数の地域中核病院にて、内科医として外来診療を続けつつ、
つくば市の精神科専門病院で医局長として勤務し、
精神科医として精神疾患を持つ患者様の診療にあたった。
2013年、雪月花メディカルクリニック開設。